ピザ焼き石釜の説明

 



石釜は大谷石の建築廃材を利用しております。大谷石は建材として使われておりますが、熱に強い為 石釜にも適しております。大谷石は、解体現場からひきあげた物を、大谷石を支えている脚は、やはり解体現場からひきあげた物を加工して 1週間から10日程度の工期で製作を致しました。

 

因みに、ピザを焼く燃料については、喜連川町にあるニッカウィスキーの工場から樽として使用していた物を廃材として捨てるのではなく、燃料として使用しております。出来る限り無駄を無くそうと試した結果です。

 

戻る