小山工業高等専門学校 物質工学科

最新情報 What's Newreal estate


過去の情報(2015〜2017年度
過去の情報(〜2014年度



◎オープンキャンパス (2018/08/04(土))

2018年8月4日(土) に、オープンキャンパスが開催されました。当日は化学専門委員会の学生主催による体験型実験や、物質工学科の研究室見学や研究設備の公開、学校・学科の紹介、進路相談、学校生活の相談コーナーが開設されました。たくさんの方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。



◎平成30年度教員表彰式

平成30年度教員表彰式が執り行われ、物質工学科からは加島敬太助教が、校内の規定により、教育研究・学校運営において顕著な業績を挙げたとして表彰されました。校長先生から被表彰者へ表彰状が贈呈され、お祝いの言葉が述べられました。

◎その他分野 物質工学科 助教 加島 敬太
(海外への留学サポート及び研究指導)

 ■関連HP
  http://www.oyama-ct.ac.jp/contents/888-18-06-22.html


◎飯島教授,西井准教授が平成30年度公益財団法人高橋産業経済研究財団研究助成 事業に採択

本校教員飯島道弘教授及び西井圭准教授が、平成30年度公益財団法人高橋産業経済研究財団研究助成事業に採択されました。同研究助成事業は、産業経済発展のための調査研究・科学技術開発を行っている全国の大学の研究機関の研究者、及び民間の研究機関・財団の推進しているプロジェクト活動が対象であり、財団当初の目的である「わが国の経済社会の発展と国民生活の向上」に寄与することを目的としています。

 ■題目
  天然物質リモネンとポリエチレングリコールによる新しい多成分系ポリマーの開発
  (飯島 道弘)
 ■題目
  精密構造制御されたステレオブロックポリマーからなる炭化水素系熱可塑性エラストマーの
  創製
  (西井 圭)

 ■関連HP
  http://takahashi-f.or.jp/aid/pdf/list2018.pdf


本校留学生の記事が学会誌に掲載

本校留学生のフーレイチアさん(物質工学科5年)の留学体験記の記事が、化学工学会の学会誌(2018年1月号)に掲載されました。日本に留学して感じたマレーシアとの違いや、現在実施している卒研内容の紹介(物質工学科 田中研究室での卒研内容)、今後の学生生活及び将来の抱負などが掲載されています。

化学工学 第82巻 第1号(2018)、P53
 ■題目
  学生会員の声 マレーシアから日本に留学して
 ■発表者
  フーレイチア(物質工学科 5年(反応工学研究室))



第14回学生&企業発表会において,栃木県産業振興センター理事長賞を受賞

2017年12月2日(土)に、帝京大学宇都宮キャンパスで行われた大学コンソーシアムとちぎ「第14回学生&企業発表会」において、専攻科複合工学専攻物質工学コース2年 吉原栄理佳さんが栃木県産業振興センター理事長賞を受賞しました。

栃木県産業振興センター理事長賞
 ■発表題目
  ポリアミノ酸含有ブロックポリマーの精密合成とそれらの医療および環境用途への展開
 ■発表者
  吉原 栄理佳(専攻科複合工学専攻物質工学コース 2年(高分子材料研究室))



 ■関連HP
  http://www.consortium-tochigi.jp/kenkyu_happyo.html


第3回北関東磐越地区化学技術フォーラムにおいて優秀ポスター賞を受賞

2017年12月9日(土)に、小山市立生涯学習センターで行われた第3回北関東磐越地区化学技術フォーラムにおいて、物質工学科5年 松本将弥君が、優秀ポスター賞を受賞しました。

◎優秀ポスター賞
 ■発表題目
  ポリアミノ酸含有ブロックポリマーの精密合成とそれらの機能性材料としての展開
 ■発表者
  吉原栄理佳(専攻科 2年(高分子材料研究室))、左久間隼矢、Scholz Carmen、
  飯島道弘

◎優秀ポスター賞
 ■発表題目
  異なる温度条件下におけるかんぴょう乾燥錠剤の性能評価
 ■発表者
  松本 将弥(物質工学科 5年)、小林 稜、(群馬高専)大岡久子、川越大輔、田中孝国、
 (長岡技術科学大学)高原美規



■関連HP
  http://www.oyama-ct.ac.jp/C/tanaka/kitaban/forum.html


第61回日本学生科学賞栃木県展覧会(高校の部)において最優秀賞(知事賞)および優秀賞を受賞

2017年10月5日(木)に、栃木県総合教育センターで行われた「第61回日本学生科学賞栃木県展覧会」(主催:栃木県教育委員会、読売新聞社)において、山ア健君、竹内悠貴君、石川大空君のグループが最優秀賞(知事賞)、三上つき乃さん、千貴瑛さんのグループが優秀賞を受賞しました。

◎最優秀賞(知事賞)
 ■発表題目
 色素増感太陽電池の研究-ドングリのタンニン色素の利用-
 ■発表者
  山ア 健(物質工学科 3年)、竹内 悠貴(物質工学科 3年)、石川 大空(物質工学科 2年)

◎優秀賞
 ■発表題目
 化粧品を用いた色素増感太陽電池
 ■発表者
  三上 つき乃(物質工学科 3年)、千 貴瑛(物質工学科 1年)

 ■関連HP
  http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/tenrankai/h29-kagakusho/index.html


化学グランプリ2017において化学グランプリ支部長賞および化学グランプリ支部奨励賞を受賞

「化学グランプリ2017」(主催:「夢化学-21」委員会及び公益社団法人日本化学会)において、竹内悠貴君、板垣優大君が公益社団法人日本化学会関東支部から化学グランプリ支部長賞および化学グランプリ支部奨励賞を受賞しました。

◎化学グランプリ支部長賞
  竹内 悠貴(物質工学科 3年)

◎化学グランプリ支部奨励賞
  板垣 優大(物質工学科 3年)


第66 回高分子討論会において優秀ポスター賞を受賞

2017年9月21日(木)に、愛媛大学 城北キャンパスで行われた第66 回高分子討論会において、専攻科2年 吉原栄理佳さんが、優秀ポスター賞を受賞しました。約1000件のポスター発表から53件に選ばれたもので、高専では吉原さんのみの受賞となりました。

◎優秀ポスター賞
 ■発表題目
 ポリアミノ酸含有ブロックポリマーの精密合成とそれらの機能性材料としての可能性
 ■発表者
  吉原栄理佳(専攻科 2年(高分子材料研究室))、左久間隼矢、Scholz Carmen、飯島道弘

 ■関連HP
  http://main.spsj.or.jp/tohron/66tohron/index.html




◎オープンキャンパス (2017/08/05(土))

2017年8月5日(土) に、オープンキャンパスが開催されました。当日は化学専門委員会の学生主催による体験型実験や、物質工学科の研究室見学や研究設備の公開、学校・学科の紹介、進路相談、学校生活の相談コーナーが開設されました。たくさんの方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。