増 淵 研 究 室

■ スタッフ

 増淵 寿(Hisashi Masubuchi)
 小山工業高等専門学校 機械工学科 准教授
 

■ 経歴・プロフィール

 1991年 京都大学機械工学科卒業
 1993年 京都大学工学研究科 機械工学専攻 修士課程修了
 1995年 小山工業高等専門学校助手
 2002年 宇都宮大学大学院 博士後期課程 エネルギ環境科学専攻修了

■ 学位

 博士(工学)

■ 主として行っている研究

 流れの可視化に関する研究
 小型の気泡ポンプに関する研究
 表計算ソフトを利用した流れの計算

■ 所属学会

 日本機械学会

■ 主な担当授業

 ・工業数理(1M・後期)
 ・水力学T(4M・通年)
 ・水力学U(5M・前期)
 ・機械工学演習T(4M・前期)
 ・機械工学実験T(3M・後期)
 ・機械工学実験U(4M・後期)
 ・流体力学(1SM・前期)

 工業数理(1M)用の課題プリントの解答です。(H29年度版,2/6追加)
  ・機械の運動と物理量1〜4
  ・機械の運動と物理量5〜7

 工業数理(1M)用の資料・例題集です。
 授業プリントの演習問題の解答も掲載してあります。
 授業の進度に併せて、自習に利用してください。
  ・電卓計算練習
  ・第0章 はじめに
  ・第1章 科学的記数法
  ・第2章 SI(国際単位系)
  ・中間試験対策問題1
  ・中間試験対策問題2
  ・第3章 機械の運動と物理量1(速さ・加速度)
  ・第3章 機械の運動と物理量2(力)
  ・第3章 機械の運動と物理量3(仕事・仕事率)
  ・第4章 回転運動と機械 
  ・中学理科復習/仕事、エネルギなど
  ・期末試験対策問題1
  ・期末試験対策問題2

 水力学T(4M),U(5M) 用の問題集です
 授業の進度に併せて、自発的に活用してください
  ・第1章 流体の性質
  ・第2章 流体静力学1(静水圧とマノメータ)
  ・第2章 流体静力学2(平面板・曲面板に作用する力)
  ・第2章 流体静力学3(浮力と相対的静止)
  ・第3章 コントロールボリュームの概念と連続の式
  ・第4章 ベルヌーイの定理とその応用1
  ・第4章 ベルヌーイの定理とその応用2
  ・第5章 運動量の法則
  ・第6章 次元解析と相似則
  ・第7章 管路内の流れ
  ・第8章 抗力と揚力
  ・問題集の解答

 機械工学演習T(4M)の資料です
 パスワードは水力学と同じものです
  ・(水力学分野5)応用問題
  ・(水力学分野6)応用問題(技大編入問題を追加)

 機械工学実験用の記録用紙・計算用紙です
 書き損じた場合に、ダウンロードして使用してください 
  ・遠心ポンプの性能試験[H28版に変更]
  ・円管の抵抗損失[H28版に変更]

ファイルを閲覧するためには、適当なPDF Viewerをご用意ください。
(例: PDF-XChange Viewer)

■ 研究業績

■ 卒業研究のテーマ

2012年度
 Excelを用いた翼まわりの流れ解析(パネル法による数値シミュレーション)
 気泡ポンプの性能予測モデルに関する研究

2011年度
 Excelを用いた簡易数値風洞の作成(厚みのある翼まわりの流れ解析)
 小型気泡ポンプ性能測定装置の改良
 運動量理論による気泡ポンプの性能予測
 LEDを光源とする可視化用シート光発生装置の電源の製作

2010年度
 小型気泡ポンプの揚水管内二相流におけるボイド率の測定
 LEDアレイを光源とする可視化用シート光発生装置の開発

2009年度
 多重露光型PIVの計測精度の評価
 可視化用シート光の生成を目的としたLEDの照度分布測定
 狭窄部を有する管内流れの損失測定 -第2報 狭窄数増加による測定精度の向上-
 気泡ポンプを用いた植物の養液栽培装置の試作

2008年度
 狭窄部を有する管内流れの損失測定
 2色のLEDを光源とした多重露光型PIVの開発 -LEDアレイ光源の製作-
 小型気泡ポンプの基本性能測定 -揚水管直径および長さによる影響-
 2色のLEDを用いた多重露光型PIVの開発(専攻科特別研究)

2007年度
 2色のLEDを光源とした多重露光型PIVの開発
 波状の管壁を有する管内流れの損失測定
 小型気泡ポンプの基本性能測定

2006年度
 離散渦法による振動する平板まわりの流れの数値シミュレーション
 断面形状の変化する管内流れの損失測定
 管内流れ実験装置の改良 絞り型流量計の増設

2005年度
 渦点法による翼まわりの流れの数値シミュレーション
 乱流域管内流れ実験装置の改良と評価
 層流域管内流れ実験装置の改良と評価

2004年度
 圧電ファンの性能向上に関する研究
 圧電ファン内部の流れの可視化 -ケーシング形状による影響-

2003年度
 小型送風ファン性能試験装置の製作
 振動平板まわりの流れの可視化手法に関する研究
 圧電ファンの高性能化に関する関する実験的研究(専攻科特別研究)

2002年度
 振動平板型ファンの最適化に関する研究
 管路抵抗実験装置の製作と評価

2001年度
 振動平板型ファンの送風量に関する研究
 振動平板型ファンによる伝熱促進に関する研究
 弾性振動平板による送風機構の解明(専攻科特別研究)

2000年度
 振動平板型ファンのケーシング形状に関する研究
 熱線風速計を用いた弾性振動平板周りの速度計測

1999年度
 弾性振動平板を用いた小型ファンの開発 -平板形状の影響-
 弾性振動する平板周りの流れの可視化
 小型ファンのための圧電振動子の開発




ホームにもどる