最新情報

(17/05/24) 平成29年度前期球技大会

 

平成29年度前期の球技大会が5月23日(火)に開催されました。

競技の結果、入賞したクラスは次のとおりです。

 

○球技4種目
ソフトボール        優勝      3年機械工学科
              準優勝   専攻科

 

サッカー              優勝      4年 建築学科
              準優勝   4年 機械工学科

 

バスケットボール  優勝      3年 機械工学科
              準優勝   3年 建築学科

 

バレーボール        優勝      4年 電気電子創造工学科(R)
              準優勝   3年 物質工学科

 

ドッヂボール        優勝      2年 機械工学科

○クラス総合得点

         総合1位   3年 機械工学科(84点)
         総合2位   4年 建築学科(68点)
         総合3位   3年 物質工学科(54点)

 バスケ添付用野球添付用    賞状添付用サッカー添付用

(17/05/19)平成29年度留学生懇談会が開催されました

去る平成2959日(火),留学生懇談会が本校で開催されました。

この懇談会は,新たに入学した留学生を歓迎するとともに,教職員及び留学生相談員ら関係者と留学生との親睦を図ることを目的として毎年開催されています。

今年度は,留学生15名及びフランスからの短期留学生4名,それぞれの留学生相談員の学生14名,校長をはじめとする多数の教職員らが参加したほか,小山市国際交流協会及び小山市市民生活課から関係者6名をお招きし,活発な交流が行われました。

懇親会では,大久保校長及び小山市国際交流協会の持田副会長様から挨拶があり,次いで留学生と留学生相談員が一緒に自己紹介し,来日してからのエピソードや相談員としての体験談が紹介され,和やかな雰囲気のなか交流が深められました。

(17/05/09) 平成28年度国立高等専門学校教員顕彰表彰式について

 

平成2951日(月)本校校長室において,平成28年度国立高等専門学校教員顕彰表彰式が行われ,校長から受賞者へ表彰状と副賞が贈呈され,お祝いの言葉が述べられました。

本顕彰は,全国の高専教員の中から,管理運営,地域社会への貢献を含み,学生教育を中心とする分野において顕著な功績を挙げている教員を顕彰するとともに,顕彰を通じて国立高等専門学校における教育の充実及び向上を目指すものです。

なお,今回の受賞内容は次のとおりです。

者  一般科 上野 哲 准教授

名  優秀賞(一般部門)

顕彰題目  アクティブラーニング型技術倫理教育の地域全体への普及

者  物質工学科 髙屋 朋彰 講師

名  優秀賞(若手部門)

顕彰題目  『農と食』を軸としたグローカル貢献事業の実践

29.5.1表彰

 

(17/04/25) 小山高専Quarterly (クオータリー)

 

年4回発行している季刊誌です。本校の教育活動や学生の活動などに関するニュースをお届けしております。

記事の編集にあたっては学生会や写真部がかかわっています。

 

 

最新号

Vol.30 2016AUTUMN (2017.3発行)

Q30表紙

※全ページのファイルは

新規ファイルのサイズ制限により

画像が鮮明なデータを

掲載することができないため、

割愛させていただきます。

ご不便をお掛けして申し訳ありません。

 

ページごと

 これまでの号

Vol.29 2016WINTER (2017.1発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.28 2016AUTUMN (2016.10発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.27 2016SUMMER (2016.6発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24]

Vol.26 2016SPRING (2016.3発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20]

Vol.25 2016WINTER (2016.1発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.24 2015AUTUMN (2015.10発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.23 2015SUMMER (2015.8発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24]

Vol.22 2015SPRING (2015.3.20発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.21 2015WINTER (2015.1.30発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.20 2014AUTUMN (2014.10.17発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8]

Vol.19 2014SUMMER (2014.7.4発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.18 2014SPRING (2014.3.20発行)

 [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.17 2014WINTER (2014.1.17発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.16 2013AUTUMN (2013.10.18発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.15 2013SUMMER (2013.7.5発行)

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.14 2013SPRING (2013.3.15発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.13 2013WINTER (2013.1.15発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.12 2012AUTUMN (2012.10.16発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.11 2012SUMMER (2012.7.2発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.10 2012SPRING (2012.3.15発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.09 2012WINTER (2012.1.15発行) 

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.08 2011AUTUMN (2011.10.25発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.07 2011SUMMER (2011.7.14発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.06 2011SPRING (2011.3.17発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.05 2011WINTER (2011.1.20発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.04 2010AUTUMN (2010.10.15発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]

Vol.03 2010SUMMER (2010.7.1発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.02 2010SPRING (2010.3.19発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

Vol.01 2010WINTER (2010.1.10発行)

[全][1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

     

     

    ​ 

    (17/04/17) 建築学科の学生の作品がJIA栃木クラブ賞を受賞しました

    第11回JIA北関東甲信越地域会学生課題設計コンクール2017

    平成29年3月26日(日) 於:前橋工科大

     

    大学生の作品が多い中、建築学科3年生の学生作品が、JIA栃木クラブ賞を受賞しました。

    現4年生 鈴木理紗、田﨑朱莉花、田中碧、田仲裕貴/Lantern Village(建築設計ⅠA課題 シェアハウス)

     

    このコンクールは、北関東甲信越県内の教育機関(大学、専門学校、工業高校)における、建築学科もしくはそれに準じる建築系の学科に籍をおく学生(大学は3年生以下)で、各校で推薦を受けた作品が出展されます。

    今回は11校から23作品が出展されました。

    作品は、当年度の学内授業において出題された建築設計課題のうち、「住宅」をテーマとする課題(多世帯住宅も可)が対象です。