最新情報

(18/04/23) 本校空手道部学生が「第61回全国空手道選手権大会予選兼第45回栃木県大会」において準優勝!

平成30年4月8日(日)に足利市民体育館で行われた「第61回全国空手道選手権大会予選会兼第45回栃木県大会」において、生田岳士くん(建築学科2年)が「高校生男子 形」準優勝、「高校生男子 組手」準優勝という優秀な成績を収めました。

 

生田くん、おめでとうございます!

 H30karate0423

 

 

(18/04/12) 本校第1号のトビタテ生が帰国しました!

 昨年度1年間(平成29年4月~平成30年3月まで)スイス連邦工科大学チューリッヒ校に留学していた、専攻科複合工学専攻物質工学コース1年の藤﨑智行さんが無事帰国し、校長先生へ留学終了の報告を行いました。

 

 藤﨑さんは「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」に第6期生として採択され、奨学金の支援を受けて世界トップレベルの大学で授業を受けつつ研究活動に取り組みました。

 

 報告の場では、指導教員である物質工学科 加島先生を交え、研究の内容や現地での生活の様子などについてお話しいただき、留学を通じて語学力や専門分野の知識・技術に限らず、人間としての自らの成長を実感し、自信を深めることができたとのお話がありました。

 

 以下、藤﨑さんの留学体験の概要と留学を検討している学生へのメッセージです。

 

20174月から20183月までの1年間、トビタテ!留学JAPAN6期生としてスイス連邦工科大学チューリッヒ校へ留学していた藤﨑智行です。ここでは1年間、高分子化学の研究室に所属して、酵素反応による機能性材料の合成に関する研究をしていました。その他にも国際学会での発表、他国の大学での研究に関するディスカッションや専門科目の受講など数多くの貴重な経験をすることが出来ました。

 

週末にはスイス国内外の多くの場所で歴史や文化に触れることができとても楽しかったです。生活面においては日本語の通じない環境で、料理や掃除、洗濯などの身の回りのことも自分で行わなければならず、自然と自立性や主体性が身につきました。思い返すと苦労も多かったですが、私にとって最高の1年になりました。

 

 もし、留学に興味を持っている方がいれば気軽に声をかけてください。相談や奨学金のことなど何でも大丈夫です。留学への挑戦は勇気の必要なことですが、その先には素晴らしい出来事が待っていると思います。今回の私の経験が留学に興味を持つきっかけや踏み出す勇気に繋がれば嬉しいです。

 

 トビタテ!留学JAPANでは、帰国後のトビタテ生にEvangelist(伝道師)としての活動を期待しており、今後、藤﨑さんの経験が本校における留学機運醸成に繋がることが期待されます。

 

P1060287-2 P1060291-2

 


 

藤﨑さんは「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」に第6期生として採択され、奨学金の支援を受けて世界トップレベルの大学で授業を受けつつ研究活動に取り組みました。

(18/04/05) 平成30年度日本学生支援機構奨学金 貸与奨学金定期採用について

 日本学生支援機構より、貸与奨学金の定期採用募集について案内が来ております。

学生課学生係窓口にて申請書類の配布を行いますので、奨学金の貸与を希望する学生は申請書類を受け取り、申請に必要な書類を全て揃えた上で下記の提出期限までに書類を提出してください。

 

【提出先】 学生課学生係窓口 (平日8:30~17:00)

【書類提出期限】 平成30年4月20日(金)17:00まで (期限厳守)

 

※奨学金情報については、各募集要項等が学校に届き次第、学生係向い側の掲示板又は図書館棟前の掲示板に掲示しますので、それをご覧ください。

※学生への連絡は原則として掲示板によって行いますので、見逃して後に支障をきたすことの無いようご注意ください。