最新情報

(2018/08/10)電気電子創造工学科(電力工学等准教授又は助教)教員公募

 

電気電子創造工学科教員募集

公募人員

准教授又は助教 1名(職位は実績等を考慮して決定します。)

所属学科

電気電子創造工学科

専門分野

電力工学、高電圧工学、パワーエレクトロニクス

担当科目

高電圧工学、電力系統工学、電気法規、電気機器工学、環境エネルギー工学実験、

電気回路系科目、電気電子創造工学実験、学科横断型科目、卒業研究、

電気エネルギー論、専攻実験、特別研究等

応募資格

1)上記の担当科目を教授でき、心身ともに健康で、高等専門学校の教育・学生指

導(担任、クラブ顧問等を含む)及び研究に熱意があり、理論と実践を教育指導でき、

特に高等専門学校における教育を理解し積極的に校務に協力いただける方

2)博士の学位を有するか、又は同等の能力を有する方

 (博士の学位については採用時までに取得していることが望ましい)

3)地域との連携活動に意欲的に取り組める方

4)「第2種電気主任技術者」以上の資格を有する方がより望ましい

5)企業での実務経験や技術士資格があればより望ましい

6)英語による授業ができればより望ましい

7)長期間勤務できる方

採用予定年月日

平成31年4月1日

待遇

1)給与:(独)国立高等専門学校機構教職員給与規則による

2)試用期間:(独)国立高等専門学校機構教職員就業規則による

(採用の日から6か月)

3)勤務時間及び休日:(独)国立高等専門学校機構教職員就業規則による

(1年単位の変形労働制を適用)

4)福利厚生:文部科学省共済組合、雇用保険及び労災保険に加入

提出書類

1)履歴書 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 様式3

2)教育業績一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・様式4

3)研究業績等一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・様式5

4)研究・開発等の履歴一覧及び研究・開発の概要・・・様式6

5)高専教育に対する抱負・・・・・・・・・・・・・・様式7

6)専門関連業績等一覧・・・・・・・・・・・・・・・様式8

7)研究論文・著書の別刷

8)最終学歴又は最終学位の証明書又はそれらの証明となるものの写し

9)「第2種電気主任技術者」や「技術士」等の資格を証明できる書類又は

 その証明となるものの写し

10)応募者を評価できる方の推薦書1通(様式任意、推薦者の連絡先等要記載)

提出書類については、必ず指定様式にて提出してください。

指定様式以外での応募は受付できません。

応募締切

平成30年10月31日(水)必着

選考方法

一次選考:書類審査

二次選考:面接及び模擬授業・研究のプレゼンテーション

(二次選考は、平成30年11月30日(金)予定)

書類の提出先

〒323-0806 栃木県小山市大字中久喜771番地

  小山工業高等専門学校総務課人事係

 (郵送の場合は簡易書留とし、封筒に「電気電子創造工学科」教員応募」

 と朱書すること)

         ※提出書類は返却致しません。

問合せ先

小山工業高等専門学校 電気電子創造工学科長 渡邉 達男

E-mail watanabe[atマーク]oyama-ct.ac.jp 

電話 0285-20-2256(直通)

不在の場合は、総務課人事係まで照会してください。

E-mail jinji[atマーク]oyama-ct.ac.jp

電話 0285-20-2116(人事係直通)

[atマーク]は@に変換してください。迷惑メール防止のために置き換えて表示しています。

その他

本校は男女共同参画を推進しており、業績及び人物評価において同等と認められる場合は、女性を優先的に採用します。

(18/08/07)台風接近に伴う登校自粛について

学生の皆さんへ

                     副校長(教務主事)

 

  台風接近に伴う登校自粛について

 

 明日8月8日(水)及び8月9日(木)は、台風13号の接近により

荒天が予測されるため、学生の安全確保の観点から、自習や部活動等

での登校を自粛してください。

  また、台風が接近している場合は、不要不急な外出を避け身の安全

 を第一に考えて行動してください。

 

 

(18/08/07) 「平成31年度科学研究費助成事業」申請に関する講演会を開催

平成30年8月1日(水)、本校視聴覚室(図書情報センター棟1F)にて金沢大学監事の村本健一郎氏を講師に迎え、平成31年度科学研究費助成事業申請に関する講演会を開催しました。

講演会は「科学研究費助成事業「研究計画調書」の作成に当たって」と題し行われ、教職員約65名が出席し、採択される申請書の書き方などについて重要なポイントのご説明がありました。

また講演会の前には、村本氏と若手教職員の座談会を催し、村本氏の豊富な経験を基に、高等教育機関である高専の教職員としての「教育・研究への関わり方」等について、魅力的なご意見をいただきました。

今後、本校の科研費採択率の向上、外部資金獲得及び各研究の更なる推進に役立つ、とても有意義な時間となりました。

使用2

使用1

(18/08/01)国公私立高専合同説明会[8月5日(日)]

本校オープンキャンパスの翌日、8月5日(日)に「国公私立高専合同説明会」があります。複数の高専が参加し、小山高専も参加いたします。高専を知りたい!、小山高専を知りたい!、受験したい!といったご興味のある方は、是非ご来場ください。

日 時: 平成30年8月5日(日)13時~17時 (途中入退場自由)

場 所: 東京秋葉原UDX (東京都千代田区外神田4-14-1)    

主 催: 国立高等専門学校機構

合同説明会、進学相談、体験コーナー(事前にWebより申し込み)もあります。詳細は、下記をご覧ください。

http://www.kosen-k.go.jp/kosenfair.html