最新情報

(17/12/20) 「第2回廃炉創造ロボコン」において「技術賞(原子力機構理事長賞)」を受賞!

平成29年12月16日(土)に福島県楢葉遠隔技術開発センターにおいて開催されました「第2回廃炉創造ロボコン」において、本校学生チーム(ロボット名:TRY3)が「技術賞(原子力機構理事長賞)」を受賞しました。

 

「廃炉創造ロボコン」は東京電力福島第一原発事故への学生の関心を高め、廃炉に携わる人材育成を目的としたコンテストで、全国の高専15校より16チームが出場しました。

 H29hairo1

競技内容は原子炉建屋内を遠隔操作するロボットで調査するもので、

・重さ5キロの荷物をロボットに積み、階段を使って1,2階を往復する「モックアップ階段」

・凸凹の床面の奥に置いた物を調査する「ステップフィールド」

の2つのコースから選択します。

 

本校は2つのコースのうち「モックアップ階段」に挑戦し、走行中トラブルが発生しましたが無事完走し、技術賞を受賞することができました。

 H29hairo2

応援いただいた皆様、ご声援誠にありがとうございました。