最新情報

(17/12/12) 第3回北関東磐越地区科学技術フォーラムにおいて本校学生が優秀ポスター賞を受賞

平成29年12月9日に開催されました第3回北関東磐越地区科学技術フォーラムにおいて、本校学生が優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞学生は以下のとおりです。

 

【受賞学生】 複合工学専攻2年(物質工学コース)  吉原 栄理佳

【題  名】 「ポリアミノ酸含有ブロックポリマーの精密合成とそれらの機能性材料としての展開」

【発 表 者】 吉原 栄理佳、佐久間 隼矢、Scholz Carmen、飯島 道弘

 H29kitakanntou1 H29kitakanntou2

 

【受賞学生】 物質工学科5年  松本 将弥

【題  名】 「異なる温度条件化におけるかんぴょう乾燥錠剤の性能評価」

【発 表 者】 松本 将弥、小林 稜、大岡 久子、川越 大輔、田中 孝国、高原 美規

 H29kitakanntou3 H29kitakanntou5

 

(17/12/06) 全国高専デザインコンペティション2017 構造部門にて「優秀賞」を受賞!

全国高等専門学校デザインコンペティション(デザコン2017)が、12月2日~3日にじゅうろくプラザ(岐阜市)で開催されました。

今年度のメインテーマは「デザインが天下を制する」でした。

小山高専から構造デザイン部門に出場した学生チーム(建築学科)の作品「Reinforce B」が、全56作品中、総合第2位で優秀賞に輝きました。

H29dezacon447

 

構造部門の課題は,作成した銅線のブリッジ(下写真の上部)に,まず30kgのおもりを載荷し(下写真の右下部),

H29dezacon444

おもりを45kgまで増やしつつ,何回か5kgの砲丸を転がし(最初の写真の銀色球),渡りきれば良い(下写真の右側)というものでした。

H29dezacon448

競技結果は1位:徳山高専チーム,2位:小山高専チーム(下写真),3位:福島高専チーム,となりました。

H29dezacon461 H29dezacon446

 

また空間デザイン部門では,学生チーム(建築学科)の作品「帰巣」が、全155作品中、11位以内で本選出場しました。

H29dezaconkuukan1 H29dezaconkuukan2

 

 

応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今後とも本校学生への応援・ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

(17/12/04) 第30回高専ロボコン全国大会にて「デザイン賞」及び「特別賞(マブチモーター)」を受賞!

「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017」が平成29年12月3日(日)に東京・有明コロシアムで開催され、出場した本校ロボコンチーム(ロボット名:海底忍魚隊)が「デザイン賞」及び「特別賞(マブチモーター)」を受賞しました!

 H29roboconzenkoku3

今年の競技テーマは「大江戸ロボット忍法帳」。

2台のロボットが様々なアイデアを駆使し、相手の風船を割り合う競技です。

ロボットに風船が5個ずつ、赤・青チームの本陣にそれぞれ10個ずつ風船が取り付けられ、相手チームの本陣、または相手ロボット2台の全ての風船を割ると勝利となります。

 

本校からは関東甲信越地区代表として本校ロボコンチーム(ロボット名:海底忍魚隊)の学生が出場し、会場である有明コロシアムには100名を超える本校応援団が駆けつけ、声援を送りました。

 H29roboconzenkoku4 H29roboconzenkoku5

本校ロボコンチームは1回戦で松江高専(ロボット名:八百万の亀々)と対戦し、お互いの風船を割り合う熱戦を繰り広げましたが、惜しくも敗れてしまいました。

しかしながら本校ロボコンチームのロボット「海底忍魚隊」は、海底生物「メンダコ」と「チョウチンアンコウ」のユニークさ及びキュートさが評価され、デザイン賞及び特別賞を受賞することができました。

 H29roboconzenkoku1 H29roboconzenkoku2

 

その他詳しい競技結果等はこちら → http://www.nhk.or.jp/robocon/

 

本校ロボコンチームを応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

皆様のご支援、ご声援のおかげで素晴らしい成績を収めることができました。

今後とも小山高専ロボコンチームへの応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

(17/12/04) 本校学生が高専英語弁論大会(地区大会)に入賞!

平成29年11月18日に茨城高専で行われた第32回関東信越地区高等専門学校英語弁論大会に本科生2名が入賞しました。

この大会は、レシテーション(暗誦)部門とスピーチ(プレゼンテーション)部門の2部門がありますが、両部門で入賞することができました。

おめでとうございます。

 

○レシテーション(暗誦)部門 第3位 

   1年5組(物質工学科)  田㞍 美月さん

   発表タイトル「Dumpling-Scaredy Cat」 (邦題: 「まんじゅう怖い」)

 

○スピーチ(プレゼンテーション)部門 優勝 

   2年建築学科  木村 龍汰朗さん

        発表タイトル「Zero to One: ways to be creative」

 

平成30年度は、小山高専にてこの高専英語弁論大会(地区大会)が行われます。

木村さんは、平成30年1月末に東京で開かれる第11回全国高等専門学校プレゼンテーションコンテストに出場する予定です。

引き続き本校学生への応援よろしくお願いいたします。

(17/12/01) 飯塚毅育英会 平成30年度大学奨学生の募集について

公益財団法人飯塚毅育英会より平成30年度大学奨学生の募集について案内が来ております。

( 詳しくはこちら → http://www.iizuka-takeshi-ikuei.or.jp/ )

 

奨学金の申請を希望する学生は、応募資格等を確認のうえ提出期間内に必要書類を揃えて提出してください。

提出期間】 平成30年1月23日(火)~平成30年2月2日(金) ※必着

【提出先】 飯塚毅育英会事務局

 

※奨学金情報については、各募集要項等が学校に届き次第、学生係向い側の掲示板又は図書館棟前の掲示板に掲示しますので、それをご覧ください。

※学生への連絡は原則として掲示板によって行いますので、見逃して後に支障をきたすことの無いようご注意ください。