最新情報

(17/12/19) 「科学の甲子園」栃木県大会において本校学生が3位入賞!

平成29年11月12日(日)に宇都宮大学峰キャンパスにて開催されました「科学の甲子園」栃木県大会において3位に入賞しました。

 

「科学の甲子園」は国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が主催する、高等学校等(中等教育学校後期課程、高等専門学校を含む)のチームを対象に、理科・数学・情報における複数分野の競技を行う取り組みであり、科学好きの裾野を広げるとともに、トップ層を伸ばすことを目指しています。

 

本校学生のチームは、栃木県大会において、筆記競技3位、実技競技4位の総合3位という好成績を収めました。

特に筆記競技において化学、数学では1位となり、中でも数学においては満点を取るなど、本校の学生として誇らしい成績を収めました。

 H29kagakunokousien

 参加学生は以下のとおりです。

機械工学科2年      亀山 義宗

機械工学科2年      長 龍佑

機械工学科2年      山川 龍斗

電気電子創造工学科2年  柴田 真澄

物質工学科2年      石川 大空

物質工学科2年      寺内 大智

受賞

(17/12/15)冬季一斉休業の実施について(お知らせ)

 

本校では、下記期間について、休業いたしますのでお知らせいたします。

関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますよう

お願いいたします。

              記

一斉休業期間 平成29年12月28日(木)~平成30年1月3日(水)

緊急連絡先 0285-20-2100(守衛所直通)

 

(17/12/12) 第3回北関東磐越地区科学技術フォーラムにおいて本校学生が優秀ポスター賞を受賞

平成29年12月9日に開催されました第3回北関東磐越地区科学技術フォーラムにおいて、本校学生が優秀ポスター賞を受賞しました。

受賞学生は以下のとおりです。

 

【受賞学生】 複合工学専攻2年(物質工学コース)  吉原 栄理佳

【題  名】 「ポリアミノ酸含有ブロックポリマーの精密合成とそれらの機能性材料としての展開」

【発 表 者】 吉原 栄理佳、佐久間 隼矢、Scholz Carmen、飯島 道弘

 H29kitakanntou1 H29kitakanntou2

 

【受賞学生】 物質工学科5年  松本 将弥

【題  名】 「異なる温度条件化におけるかんぴょう乾燥錠剤の性能評価」

【発 表 者】 松本 将弥、小林 稜、大岡 久子、川越 大輔、田中 孝国、高原 美規

 H29kitakanntou3 H29kitakanntou5

 

(17/12/06) 全国高専デザインコンペティション2017 構造部門にて「優秀賞」を受賞!

全国高等専門学校デザインコンペティション(デザコン2017)が、12月2日~3日にじゅうろくプラザ(岐阜市)で開催されました。

今年度のメインテーマは「デザインが天下を制する」でした。

小山高専から構造デザイン部門に出場した学生チーム(建築学科)の作品「Reinforce B」が、全56作品中、総合第2位で優秀賞に輝きました。

H29dezacon447

 

構造部門の課題は,作成した銅線のブリッジ(下写真の上部)に,まず30kgのおもりを載荷し(下写真の右下部),

H29dezacon444

おもりを45kgまで増やしつつ,何回か5kgの砲丸を転がし(最初の写真の銀色球),渡りきれば良い(下写真の右側)というものでした。

H29dezacon448

競技結果は1位:徳山高専チーム,2位:小山高専チーム(下写真),3位:福島高専チーム,となりました。

H29dezacon461 H29dezacon446

 

また空間デザイン部門では,学生チーム(建築学科)の作品「帰巣」が、全155作品中、11位以内で本選出場しました。

H29dezaconkuukan1 H29dezaconkuukan2

 

 

応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今後とも本校学生への応援・ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

(17/12/04) 第30回高専ロボコン全国大会にて「デザイン賞」及び「特別賞(マブチモーター)」を受賞!

「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017」が平成29年12月3日(日)に東京・有明コロシアムで開催され、出場した本校ロボコンチーム(ロボット名:海底忍魚隊)が「デザイン賞」及び「特別賞(マブチモーター)」を受賞しました!

 H29roboconzenkoku3

今年の競技テーマは「大江戸ロボット忍法帳」。

2台のロボットが様々なアイデアを駆使し、相手の風船を割り合う競技です。

ロボットに風船が5個ずつ、赤・青チームの本陣にそれぞれ10個ずつ風船が取り付けられ、相手チームの本陣、または相手ロボット2台の全ての風船を割ると勝利となります。

 

本校からは関東甲信越地区代表として本校ロボコンチーム(ロボット名:海底忍魚隊)の学生が出場し、会場である有明コロシアムには100名を超える本校応援団が駆けつけ、声援を送りました。

 H29roboconzenkoku4 H29roboconzenkoku5

本校ロボコンチームは1回戦で松江高専(ロボット名:八百万の亀々)と対戦し、お互いの風船を割り合う熱戦を繰り広げましたが、惜しくも敗れてしまいました。

しかしながら本校ロボコンチームのロボット「海底忍魚隊」は、海底生物「メンダコ」と「チョウチンアンコウ」のユニークさ及びキュートさが評価され、デザイン賞及び特別賞を受賞することができました。

 H29roboconzenkoku1 H29roboconzenkoku2

 

その他詳しい競技結果等はこちら → http://www.nhk.or.jp/robocon/

 

本校ロボコンチームを応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

皆様のご支援、ご声援のおかげで素晴らしい成績を収めることができました。

今後とも小山高専ロボコンチームへの応援よろしくお願いいたします。