専攻科の概要

小山高専の専攻科<複合工学専攻>


専攻科の制度

専攻科は、学科課程の5年間一貫教育の特徴を活かしながら、さらに2年間の教育により高度な知識と技術を習得し、問題提起と実践的な解決能力を身につけた技術開発型技術者の育成を目的としています。少数精鋭で教育・指導方針も密度の濃いものとなっています。

専攻科の課程を修了すれば、学位授与機構の審査を受けて、「学士」の単位を取得できます。したがって修了後は、大卒者と同等に就職することができます。大学院の修士課程にも進学可能となります。


小山高専の専攻科―複合工学専攻

平成22年4月に専攻科を改組し「複合工学専攻」の1専攻とし、本科の学科構成にあわせた5コースを設けていました。
平成30年度からは、電気情報工学コースと電子制御工学コースが電気電子創造工学コースに統合され4コースになりました。
  • (平成30年度~)
  • 機械工学コース
  • 電気電子創造工学コース
  • 物質工学コース
  • 建築学コース
  • (平成22年度~平成29年度)
  • 機械工学コース
  • 電気情報工学コース
  • 電子制御工学コース
  • 物質工学コース
  • 建築学コース

※旧専攻

平成22年3月に専攻科が改組される前は、「電子システム工学専攻」「物質工学専攻」「建築学専攻」の3専攻が設けられていました。専攻科と本科の関係は以下のようになっていました。

advanced2

教育方針

複合工学専攻での育成すべき人材像は、工学理論のみでなく、実験・実習、実学に裏づけされた技術者であり、更には、専門分野を持ちながら他分野も見通せる複眼的なものの見方や考え方ができるフレキシビリティのある技術者です。
 

教育目標を以下のように設定しています

    ①豊かな人間性の涵養
②豊かな感性と想像力の育成
③自然科学・数学・英語・専門基礎科目の学力向上
④高度な専門知識と問題解決能力の育成
⑤情報技術力の向上
⑥コミュニケーション能力と国際感覚の育成
  
 

技術者教育プログラム

本校には、本科4年次から専攻科2年次までの4年間の学習に対して、全学科及び専攻科をひとつにした技術者教育プログラムが設定されています。日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board of Engineering Education)の認定を受けた技術者教育プログラムの修了生は、社会的にも国際的にも技術者に必要とされる工学基礎教育を習得したものとして保証されることになります 。また、本プログラムの修了生は「修習技術者」として認められ、「技術士補」として登録すると技術士の一次試験が免除されます。専攻科に入学したものは技術者教育プログラム(複合工学系)の履修対象者となります。

 

senkou001

 

2017

 

 

専攻科の入学案内・試験情報(過去問題)はこちら。

このホームページについてのお問い合わせは、

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。まで電子メールをお送りください。