概要・ご挨拶

 

  このたび、“地域のものづくり技術を支援”する『小山高専地域連携協力会』が設置され、会員を募集しています。 

 


 

【小山高専地域連携協力会について】

  小山高専地域連携協力会は、次世代を担う学生の育成や地域のものづくり技術支援に地域と一体となって取組み、地域の発展に貢献するための組織として、平成259月に発足しました。

 

 


  

【会長あいさつ】kaichuo copy

   

 小山高専の通学圏である栃木県、茨城県県西地区、埼玉県東部地区、群馬県東毛地区など北関東地域は、高速道路を含め交通網が整備されて、大手企業の工場群が集積化しており、国内でも有数の新工業地帯として発展しています。
このような中で、小山工業高等専門学校(以下「小山高専」)の創立50周年を2年後に控え、小山高専の「物づくり教育」を後押し、また、相互交流して小山高専と地域産業会の連携を深めるため、「小山高専地域連携協力会」が発足されましたことは、小山市をはじめとして隣接県を含めた地域産業界にとりまして誠に意義深いものがあると存じております。
 従来、小山高専と地元産業界とは、幾つかのつながりはあるものの県域内にとどまり、また活動密度が薄くなっており、相互に情報やニーズ・シーズの把握が十分なものではなく、学生の地元企業への就職もあまり多いものではありませんでした。本会の設立目的は、小山高専と地域産業界との情報・技術交流、小山高専の知的資源・設備等活用による技術振興、地域企業の若手技術者の育成支援、そして、小山高専学生へのキャリア教育・専門教育等への協力・支援ですが、本会の活動を通して
  ・地元企業にとって、小山高専の教員との接点が増え、高専の技術活用や共同研究を身近に感じること
  ・教員にとって、地元企業と触れ合い、グローバル化の中での企業の取り組みや企業課題を理解すること
  ・学生にとって、インターンシップ等を通して地元企業への関心が高まり地元企業への就職が進展すること
を期待したいと思っています。
 つきましては、本会の機能をより高めて県域を超えた地域産業界の円滑な連携・交流を深めるため、多くの企業に本会に入会いただきますようお願い申し上げます。

                                 小山高専地域連携協力会
                                   会長 大森武男  

  


 

               【小山高専地域連携協力会設立趣意書】

 

小山工業高等専門学校は、昭和404月に栃木県小山市に技術者育成のための高等教育機関として創設され、その後、学科の増設や改組とともに専攻科を設置するなど、社会の要請に応じて教育及び研究の充実を図ってこられました。この間7千数百名の卒業生を世に送り出し、その多くは技術者として活躍し、近隣地域をはじめ全国の産業界において大いに貢献されております。
 小山高専は当初より産学連携活動に熱心であり、これまでも学内に併設の地域連携共同開発センターの産学官連携部門、研究開発部門、教育文化活動支援部門の3部門を中心に、学校全体で技術相談・共同研究を通じて地域の産業技術の発展に貢献し、並びに地域の小中学校等への出前授業を通じた理科教育への支援を積極的に行っておられます。また、同校はものづくり教育に熱心に取り組み、「全国高専ロボットコンテスト」ではほぼ毎年全国大会出場を続けるとともに、昨年は栄えある「ロボコン大賞」を受賞され、その他の学生の活動においても全国大会で数々の栄誉に輝いておられます。
 小山高専は平成27年に創立50周年を迎えますが、グローバル化する産業界にふさわしい創造的技術者の育成を目指して、本年4月、電気情報工学科と電子制御工学科を統合して電気電子創造工学科を創  設されました。新学科は、環境共生エネルギー、制御システム、情報デザインの3コースを設け、電気電子分野の最先端の教育研究を目指しています。また、物質工学科・機械工学科・建築学科においても、それぞれ地域ニーズに対応し、地域の発展に貢献できるよう、カリキュラムの高度化等が図られています。さらに、同校では昨年度より「地域連携共同開発センター棟」の改修と新鋭機器の導入が図られ、学生教育とともに産業界に開放し産学連携の一層の推進を企画しています。
 この機会に、地域産業界が同校のものづくり教育を後押しし、また相互交流して学校と地域産業界との連携を深めるため、小山市をはじめとして近隣地域の企業経営者や技術者の有志を募り、ここに「小山高専地域連携協力会」の設立を計画しました。
    この小山高専地域連携協力会は、次の事項の遂行を主な目的として設立します。
    ① 小山高専と地域企業との情報や技術交流及び技術振興
    ② 小山近隣地域の企業技術者の育成支援
    ③ 小山高専が行うキャリア教育・専門教育等への協力・支援
    ④ これらによる小山高専と地域産業の振興
 是非、この設立の趣旨をご理解頂き、多くの皆様のご賛同をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成257 吉日 

   発起人代表   大 森 武 男   株式会社大森一級建築士事務所 代表取締役

   発起人     大久保 寿 夫   小山市 市長

           後 藤 利 夫   小山市商工会議所商工会協議会 会長

           鈴 木 廣 明   小山市工業会 会長・関東特機株式会社 代表取締役

           信 原 正 樹   株式会社小松製作所 執行役員小山工場長

           伊 藤  勤    公益財団法人栃木県産業振興センター 理事長

           中 西 英 一   株式会社ナカニシ 代表取締役社長

           八 木  仁    株式会社シンデン 代表取締役