*全国高専デザコンとは?*

デザコンTOPページへ

「全国高等専門学校デザインコンペティション」(通称:デザコン)は、全国の高等専門学校で競われるロボコン(ロボットコンテスト)、プロコン(プログラムコンテスト)に続く、第三の競技です。

デザコンの始まりは、昭和52年(1977)に明石高専と米子高専の建築学科で行われた研究交流シンポジウムであり、その後、参加校を増やし、形態を変え発展して来ました。

 

平成16年(2004)から主催は高等専門学校連合会となり、デザインの領域を「人が生きる生活環境を構成するための総合的技術」と捉え直し、建築学科の枠を廃し高専全体が取り組む「全国高等専門学校デザインコンペティション」に生まれ変わりました。

 

デザコンは、主に土木建築系学科の学生を中心にして全高専生が参加するもので、生活環境に関連した様々な課題に取り組むことにより、より良い生活空間について考え提案する力が育成されます。また、各高専で養い培われた学力、デザイン力の成果を基として作品を作成し競いあうことにより、普段の高専内での学習だけでは得ることが出来ない、高いレベルでの刺激を互いに与えあえる貴重な機会となっています。

 

これらに加え、デザコンの大会が開催されることにより、各地域でのものづくりや科学技術への関心を高めてもらうとともに、高専生の技倆の高さが示されることによって、高等専門学校が目指している人材育成の成果を社会に示す貴重な機会ともなることを期待しています。

 

高等専門学校連合会主催の下で、主管は初年度の平成16年度の石川高専、続いて平成17年度明石高専、平成18年度都城高専、平成19年度徳山高専、平成20年度高松高専、平成21年度豊田高専、平成22年度八戸高専、平成23年度釧路高専(協力校:旭川高専、苫小牧高専、函館高専)により開催されてきました。

 

第9回となる平成24年度は、全国を一巡する最後として関東信越地区が担当し、小山高専(協力校:群馬高専、長岡高専、長野高専)が主管することとなりました。文部科学省、国土交通省、栃木県、小山市をはじめとする各種公共団体の後援をいただき、メインテーマを「デザインが起つ」として、栃木県小山市において4部門の競技を開催します。

 

 

logoicon過去のデザコン

デザコン2011 in 北海道

デザコン2010 in 八戸

デザコン2009 in 豊田

デザコン2008 in 高松

デザコン2007 in 周南

デザコン2006 in 都城

デザコン2005 in 明石

デザコン2004 in 石川


​