技術者育成道場

 

技術者育成道場とは

小山高専では、「技術者育成道場」を設置し、地域企業や大学等から技術・研究者を招聘し、社会ニーズの沿った先端技術に関する鍛錬を実施しています。併せて、職業講座、技術者講座、コミュニケーション講座などのキャリア育成講座も開催し、育成道場としての総合的効果の発揮を目指しています。

技術者育成道場は、次の4つの柱から構成されています。

1.問題解決型インターンシップの実施

2.技術教育および技術指導

3.低学年からのキャリアトレーニング

4.就職等進路指導

具体的には、「問題解決型インターンシップ」では、専攻科生を中心にこれまでの体験型インターンシップの領域を超えた、機器開発、研究開発等に寄与、参画するインターンシップを進めています。「技術教育および技術指導」では、企業・各種機関の技術者等による先端技術等の講義および技術的指導を通じて高専生の創造性・技術力の育成・充実をはかるとともに、経営戦略講義等を通し職業観の養成を進めています。「キャリアトレーニング」では自己の進路を主体的に選択・決定できる能力の養成を目指しています。また、「進路指導面」では、面接対策を中心とする一連の就職活動を支援するプログラム展開を図っています。​​