複合工学専攻

5年間の高等専門学校における教育の基盤の上に立ち、より深く高度な専門知識及び技術を教授し、もって広く社会並びに産業界で活躍できる実践的でかつ創造的な技術者の育成を目的とします。

 

コースについて

機械工学コース 

機械工学コースは、高専本科の機械系准学士課程の専門性を深めつつ、高度に発展を続ける産業社会に適した知識と技術の基礎と応用力を、講義・演習・実験を通じて教育しています。そして、特別教育・実務研修・ゼミナールを通して、細分化、複合化する具体的な課題に対して、柔軟に対応できる知識を持ち、かつ環境にも配慮できる技術者の育成を目指しています。

 電気情報工学コース

電気情報工学コースは、電気・電子・情報工学に関する専門性を深めつつ、広い技術に柔軟に対応でき、専門性を発揮できる人材の育成をめざしています。一例としては、ロボットや情報ネットワーク、半導体(IC)などにかかわる技術の修得や研究を通して、自己の能力を向上することを目指しています。それぞれの研究成果は、広く学会等において公表されて社会に貢献しています。

 電子制御工学コース

電子制御工学コースは、電子制御工学関連の基礎知識を修得した者に対して、さらに高度な科学技術や知識を教授することを目的としています。具体的には、ロボットや画像機器等の基礎となる、システム構築・ソフトウェア・ハードウェアの3つを基本として、情報工学、計測システム、制御理論、電子回路、電子工学、計算機応用、電磁エネルギー、光波応用等の広範囲なカリキュラム構成になっています。

 電気電子創造工学コース

電気電子創造工学コースは、電気・電子・制御・情報工学に関する基礎知識を活用しつつ、幅広い技術に柔軟に対応でき、専門性を発揮できる人材の育成を目指しています。具体的にはロボット、情報ネットワーク、新エネルギーなどに関わる技術の修得や研究を通して、自己の能力を向上することを目的としています。それぞれの研究成果は、広く学会等において公表されて社会に貢献しています。

 物質工学コース

物質工学コースは、物質工学科や化学に関する学科を卒業した学生が、そこで修得した専門性を活かし、技術の複合化が進む産業社会に適応可能な知識・技術を広く教授します。さらに、材料化学・生物工学・化学工学に関する高度技術の基礎及び応用力の修得を目指します。

 建築学コース

建築学コースは、建築学の諸分野である計画・意匠、構造・材料、環境・設備、設計、まちづくり等に柔軟に対応できる基礎学力を講義・設計を通じて修得し、それらを発展させた専門知識および技術の修得を目指しています。また、特別研究および実務研修などにより、研究目標に関する問題の提起、研究の実施と成果の分析・評価までを自ら遂行する能力を養い、チャレンジ精神とリーダーシップを有する開発型技術者の育成を目指しています。

  

 

教育課程の編成方針と特徴

本専攻科の教育課程は次のように組み立てられています(下記、「開設単位表」参照)。

 <基礎教育>

豊かな教養と国際感覚および技術者としての普遍的な基礎学力を養うため、一般科目と専門基礎科目の二つの科目群を設けています。

一般科目―――――――――外国語、技術者倫理、その他の教養科目

専門基礎科目―――――――数学、物理、化学等の基礎工学科目 

<専門教育>

専門教育科目は、専門共通科目とコース別専門科目とに分かれます。

  • 専門共通科目は、本専攻の特色である幅広い複眼的視野を持たせるための科目があります。他コースの学生とチームを組み問題解決に当たる「プロジェクトデザイン」、専門分野を横断的に対象とする「経営学」「産業財産権」「環境技術」などの科目で構成されます。また、企業での「実務研修」や「特別研究」などにおいて専門を異にする学生・技術者・研究者によるコラボレーションも期待するものです。
  • コース別専門科目は、講義科目と工学演習、専攻実験などで構成されます。各自の専門分野の充実を図るものであり、また、学士取得のためにはそのコースの科目の履修が推奨される科目で構成されています。他コースの科目も自由に選択できます。

本専攻の修了に必要な単位数は、一般科目6単位以上、専門基礎科目4単位以上、および専門科目の合計62単位以上(必修科目を含む)です。その中には技術者教育プログラム(複合工学系)に必要とされる単位が含まれる必要があります。

 

 

開設単位表

平成30年度以降の専攻科の開設単位数 

平成29年度 専攻科の開設単位数

平成28年度 専攻科の開設単位数 

平成27年度 専攻科の開設単位数