入部を考えている方へ
第一回定期演奏会 無事終了しました

Main Menu

小山高専ハンドベル部とは?

こんにちは。ハンドベル部です!
まず、このページを見にいらしてくれた画面の前のあなたへ…。ありがとうございます!小山高専ハンドベル部のページにようこそいらっしゃいました!

ハンドベル部(以下ベル部)は、2003年度に設立された比較的歴史の浅い部活です。それだけに普段の練習ひとつとってみても試行錯誤の繰り返しで、部員の協力なしには運営していけませんでした。今ではしばしば地方新聞への露出もあってか、名の知れたベルチームへと成長することができました

ハンドベルという楽器は1人で演奏できるピアノと違って、チーム全体で演奏を行うものです。だから自然に部員同士の仲もよくなりますし、アットホームな雰囲気のなかで毎週の練習を行うことができます。昨年からは顧問の先生も演奏者として加わり、ベル部一丸となって日々の演奏に取り組んでいます
基本的に週1回時間を決めて行う練習のため、高専内の部活の中でも比較的負担は軽く、他の部と掛け持ちしている部員も少なくないです。やっぱり運動部に入りたいのだけど…と迷っている方もぜひ1度、練習を見に来てみてください

高専は卒業まで最短で5年を要します。その間、若干メンバーを入れ替えながら、1つのことに取り組んでみるのはどうでしょうか…?きっと楽しい高専生活が送れるはずです。少なくとも、入学からずっと所属してきた私はそうです(^-^b

少しでもベル部に興味を持っていただければ、ページの他の箇所もご覧になってください。活動履歴、写真等からベル部の楽しい雰囲気が少しでも伝わればいいな…と思っています
読んでくださり、ありがとうございました


部の歩み

* 2003年
高専の音楽カリキュラムに"ハンドベル"が加わり、選択希望者がはじめてハンドベル演奏を行いました。前期・後期の限られた授業時間内で練習を行い、そのうち興味を持ったメンバーたちが集まってできたグループが「小山高専ハンドベル愛好会」でした
* 2004年
9月 愛好会設立に向けて、初期メンバー15名で活動を開始。次第に新しいメンバーも加わりました
* 2005年
学生総会にて正式に愛好会と認められる。学校外での施設へと活動拠点を広げていきました
* 2007年
5月16日の学生総会にて愛好会から同好会への昇格が認められる。名称を「小山高専ハンドベル同好会」と変更。この年に第一期生7名が卒業を迎えました
* 2008年
9月現在、メンバー12名にて活動を行っています
* 2009年
5月14日の学生総会にて同好会から部への昇格が認められる。名称を「小山高専ハンドベル部」と変更
9月現在、メンバー16名にて活動を行っています


メンバーについて

男子、女子混合のチームです。外部のベルチームは女性のみで構成されているチームも多い中、当チームの男女比はほぼ同じ。他のベルチームと比較してみても男子が多いのが特徴とも言えます
なお、メンバーを随時募集中です。詳しくは【新入生・入部を考えている方へ】をご覧ください


活動について

毎週火曜日の放課後、図書館棟の視聴覚室にて練習を行っています。他に昼休みなどを使って練習することもあります。ハンドベルは小山市から借りたものを使用します

今までに、学内では「工陵祭」「学内クリスマスコンサート」、市内では「おやまブランドまつり」「ハンドベルフェスタ in OYAMA」で演奏を行ってきています。日本ハンドベル連盟主催の関東大会にも例年参加し、他チームとの交流を図っています。他にも教会での催し物や出演依頼があった時など、校内に限らず広い場面で活動をしています。楽器の都合上、クリスマスの時期は依頼が多く来るため忙しくなることもあります。詳しくは【活動の記録】をご覧ください


小山高専ハンドベル同好会