小山工業高等専門学校 物質工学科

学科紹介・コース紹介 Department Informationreal estate


 物質工学科とは  教育方針・育成すべき人物像  カリキュラム
 コース紹介(材料化学コース生物工学コース)  物質工学科を卒業した際に得られる資格

物質工学科とは

 物質とはどのようなものか、それらが織りなす様々な現象がどのような仕組みで、なぜ起こるのかという本質を学び、化学を基礎とする知識と技術を身につけることができる学科です。

物質工学科の教育方針と育成すべき人材像

 新素材、化成品、生体物質等の関連分野で活躍する人材の育成を目指します。専門基礎、実験科目により化学と工学の基礎を習得させ、その上に材料や生物の専門的内容を選択させて、関連する学力の向上を図ります。最終学年では教員の直接指導により、発表能力を向上させ創造的な卒業研究の完成を目指します。

カリキュラム

 物質工学科では、1年生から3年生では英語・国語・数学などの一般科目のほか、化学・生物・物理などの専門科目の基礎を学びます。また、化学基礎実験・分析化学実験・物質工学実験など、数多くの実験があります。1年生の化学基礎実験では実験の基本操作や試薬・器具の安全な使用方法の習得、2年生の分析化学実験では水質汚染や酸・アルカリの定量方法の習得、3年生の物質工学実験では有機化学、物理化学、生物化学、無機化学に関する実験法を習得します。高学年になるにしたがって、専門的な知識や技術をより深く理解できるようになっています。
 4年生からは、皆さんが興味を持った分野についてより深く学んでもらえるように、「材料化学コース(20名程度)」または「生物工学コース(20名程度)」のどちらかを選択してもらい、より高度な専門的知識・技術を身につけることができるようになっています(詳細は下記の各コース説明をご覧ください)。また、4年生の後半には総合工学実験として各研究室に2〜4名が配属され、卒業研究に向けた技術や知識を習得します。
 5年生では、配属された研究室で1年間の卒業研究に取り組み、10月の卒業研究中間発表会や年度末(1月または2月)の卒業研究発表会において、研究発表を行います。
(各研究室の研究内容は、教職員一覧にある研究室のホームページを参考にしてください)

コース紹介:材料化学コース  Materials Chemistry Course

○材料化学コースでは、化学や物理の授業で学んだ金属・無機材料・高分子について、物質の原子的・電気的・光学的な性質をより深く学びます。

○主な授業科目
 ・固体化学
 ・無機材料
 ・材料化学実験T
 ・材料化学実験U

コース紹介:生物工学コース  Bioengineering Course

○生物工学コースでは、化学や生物の授業で学んだ有機材料・天然高分子・生物について,環境配慮型材料、生体材料、生物材料をより深く学びます。

○主な授業科目
 ・生物有機化学
 ・遺伝子工学
 ・生物工学実験T
 ・生物工学実験U

物質工学科を卒業した際に得られる資格

○受験資格が得られるもの
 ・技術士(予備試験の免除)
 ・国家公務員採用試験<U種>
 ・火薬類製造保安責任者(試験科目の一部免除)

○実務経験で受験資格が得られるもの
 ・労働安全衛生コンサルタント
 ・危険物取扱者

○実務経験等で資格取得できるもの
 ・公害防止管理者

○講習のみで資格取得できるもの
 ・衛生工学衛生管理者

○その他
 ・毒物・劇物取扱責任者(試験免除)