学校案内

 > 学校案内 > 小山高専の教育方針

小山高専の教育方針

教育理念

ー技術者である前に人間であれー

◎健やかな心身

◎豊かな人間性

◎科学技術の研鑽と創造

本校では教育の基本理念として「技術者である前に人間であれ」を掲げています。これは本校の初代校長が学生に対し「技術者になるためには人間としての豊かさ、魅力を備えなければならない」ということを説いた言葉です。このような人物像を具体化したものが「健やかな心身」と「豊かな人間性」であり、「科学技術の研鑽と創造」と合わせて本校の教育の基本的な考え方を表しています。

行動目標

「科学技術する心の養成」

・心身を鍛えよう

・思いやりのある心を持とう

・探求と創造に挑戦しよう

本校では、教育理念に併記された「健やかな心身」、「豊かな人間性」、「科学技術の研鑽と創造」を具体的な行動に繋げるため、「心身を鍛えよう」「思いやりのある心を持とう」「探求と創造に挑戦しよう」の3つの行動目標に読み換えて取り組むこととしています。この3つの行動目標を「科学技術する心の養成」と総称しています。

育成すべき人材像

― 今を見つめ未来を創る技術者 ―

「今を見つめ」は豊かな社会の実現のため現状の社会的な課題に関心を持ち、その課題を理解し、解決しようと志すことを意味しています。「未来を創る」はこのような問題意識を踏まえて専門技術やコミュニケーション能力などの修得した知識やスキルを生かし、様々な要素技術を自ら創造することを意味します。
本校ではこのようなミッションを成し遂げられる技術系人財の育成を目指しています。

学習・教育到達目標

本校の学習・教育到達目標を掲載しています。
~用語解説~
準学士課程(本科)
本校の準学士課程では、5年間の一貫教育を通して深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的として、機械工学科・電気電子創造工学科・物質工学科・建築学科の4つの学科が設置されています。

専攻科課程(専攻科)
5年間の高専における教育基盤の上に立ち、より深く高度な専門知識および技術を教授することにより広く社会および産業界で活躍できる実践的でかつ創造的な技術者の育成を目的としています。現在は複合工学専攻1専攻の中に本科の学科編成に合わせた4コース(機械工学・電気電子創造工学・物質工学・建築学)を編成しています。

三つのポリシー

【準学士課程(本科)】

【専攻科】