3つのポリシー

 > 学校案内 > 小山高専の教育方針 > 3つのポリシー > 【専攻科】入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

【専攻科】入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

Ⅰ.入学者選抜の基本方針

 本校専攻科(複合工学専攻)では、教育方針“技術者である前に人間であれ”を堅持し、地域社会や産業界とともに、21世紀の国際社会で活躍貢献できる個性と人間性豊かで実践的能力を備えた高度な技術者の育成を目的とし、「求める学生像」に沿って、その能力と適性を有する人材を選抜するため、推薦による選抜、学力検査による選抜及び社会人特別選抜を行います。  
 推薦による選抜においては、出身学校長が責任を持って推薦した学生で、本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養と基礎学力を有した学生を選抜するため、目的意識、意欲、適性などに関してアドミッション・ポリシーに定めた観点にて面接(専門分野の口頭試問を含む)を行い、出身学校長から提出された調査書、推薦書及びTOEIC(IPを含む)スコアの結果を合わせて総合的に評価します。
 学力検査による選抜においては、本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養と基礎学力を有した学生を選抜するため、目的意識、意欲、適性などに関してアドミッション・ポリシーに定めた観点にて学力検査及び面接を行い、その結果をTOEIC(IPを含む)及び出身学校長又は学長から提出された調査書の結果を合わせて総合的に評価します。学力検査は、数学及び各コースの専門科目を記述方式の試験により評価します。
 社会人特別選抜においては、本校専攻科の教育を受けるのに必要な素養と基礎学力を有し、社会人としての業務実績をもとに更なる専門知識の習得に意欲を持つ学生を選抜するため、目的意識、意欲、適性などに関してアドミッション・ポリシーに定めた観点にて小論文、面接(各コースの専門分野の口頭試問を含む)及びTOEIC(IPを含む) スコアの結果を合わせて総合的に評価します。

Ⅱ.求める学生像

 次の学力を有し、人間性豊かな人の入学を望みます。

  1. 工学に対する関心が高く、工学についての基礎学力と自然科学についての学力を有し、自ら学ぶ意欲がある人
  2. モノづくりに対する関心が高く、体験してきた人
  3. 学んだことを自らのことばで伝えることのできる日本語の能力及び英語の基礎学力を有している人

各コ-スの受入れ方針

○機械工学コ-ス

 機械工学に関連する分野の基礎学力を有し、基礎を応用して、より高度な技術を自ら身に付けようとする意欲のある人、専門分野の知識や得られた成果を簡潔に説明・発表できる人。

○電気電子創造工学コ-ス

 数学・英語の基礎学力と電気電子の専門基礎学力を有し、電気・電子・情報について自ら学び、その分野を積極的に研究できる人。

○物質工学コ-ス

 材料工学や生物工学等の諸分野に関する化学の基礎学力を有し、より高度な専門知識と問題解決能力の修得と自学自習の意欲があり、協調性を持ってチャレンジできる人。

○建築学コ-ス

 建築学における、生活に密接に関わる安全・快適な建築物及び居住環境や都市空間について関心があり、これらの分野の基礎学力を有し、自ら学ぶ意欲のある人。